体調不良他私事につき、基本的に更新をしばし休業します。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana

2004年06月03日

6/16[広島市]地球先住民ひろしま会議(ホームステイ・通訳ボランティアも募集中)

「ポジティブなこと、いいことをしようとすると、その思いが強いほど
 逆のもの、悪い力もいっぱい起きてくる。自分の心を中心に据えて、
 ピュアなところを保ち、あせらずにやりなさい、大丈夫。」

■World Peace & Prayer Dayのセレモニーについて■

World Peace & Prayer Day は、今まで人々を分断してきた宗教や民族といった違いを乗り越えた儀式です。儀式では様々な宗教的指導者を含む全ての人がひとつの輪になります。その輪には始まりもなく、終わりもありません。この儀式ではあくまでも中心の火にそれぞれの祈りのこもったタバコを捧げるという形をとります。儀式は中心の火をおこすところから始まり、火が始まれば、指導者達から順に聖なるタバコを火に捧げてゆきます。捧げるときは、無言でただタバコを火に捧げるだけです。異なる宗派の儀式はここには持ち込みません。

この中心の火はとても神聖なものです。地球上の全ての民には、本来聖なる火というものがあったはずです。聖なる火には生命のエネルギーがこもっています。私たちはこの火を讚えます。母なる大地が聖霊であり、神聖であるということを理解することは、いまでは私の暮らしている土地ですらとても難しいことです。しかし人々がそのことに気づくまで、エネルギーの転換は起こらないのです。

創造主はそれぞれの民に伝統と教えを与えてくれました。その教えをもう一度ふりかえり、母なる大地を讃え敬う生き方を思い出しましょう。私はみなさんに我々ラコタ族のように振る舞ってもらおうとしているのではありません。

私たちは互いの文化や教えを尊重しあわねばならないのです。

宗教や思想の違いから、World Peace & Prayer Dayに参加したくないというのであれば、自分の納得のいくやり方で、自分の場所で祈ってもらえばいいのです。猜疑心、怒りなどのネガティブなエネルギーを、World Peace & Prayer Dayには持ち込まないでください。

もし互いへのネガティブな感情があったとしても、一日を祈りで始め、握手をせねばなりません。

私が伝えようとしていることは、すべては聖霊ごとであるということです。私たちは生命のエネルギーを尊重することを学ばねばならないのです。

         聖なるホワイト・バッファロー・パイプ、19代目の守り人
                     チーフ・アーボル・ルッキングホース

_/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  _/_/_/_/_/

■地球先住民ひろしま会議 開催のお知らせ■
 
2000年12月『20世紀最後の満月の日に広島で平和を祈る』ために「ひろしま2001」「LOVE&PEACE」と名付けられた2つの集まりがあり、国内外から大勢の心ある人が参加しました。

参加者の1人である、ネイティブ・アメリカンのトム・ダストウ氏から、祈りのためのピースウォークの提案があり、海外および国内参加者数十人の方々が、東京から広島までの約1000キロを、60日あまりをかけて歩きました。

歩き終えたトム・ダストウ氏は広島でこう発言しました。「ここ広島に先住民やマイノリティーが集まる国連のような国際組織が出来れば、世界にとって有益でしょう」。2つの集いに参加した人々はそのビジョンに感銘を受けたのでした。
 
1996年、北米先住民ラコタ族の精神的リーダー、チーフ・アーボル・ルッキングホース氏はビジョンを受け「夏至の日に、世界の東西南北4カ所で、全ての人々と共に、母なる地球の癒しのために祈ること」を始めました。

それが「World Peace & Prayer Day せかいへいわといのりの日」です。これまでに彼は、アイルランド、南アフリカ、オーストラリアで祈りの場を開催し、多くの人々と共に祈ってきました。

そして今年、世界で最後に祈る場所として、ここ日本を選び、こうして2004年6月21日の夏至の日に富士山麓で「World Peace & Prayer Day」が行われることとなりました。(http://www.wppd2004.org
 
この祈りに参加するために世界から多くの先住民の精神的リーダーの方々が来日することを知った私たちは、彼らを広島にお招きし、広島で世界の平和を共に祈り、平和のビジョンを、できるだけ多くの人々と共有したいと考えました。

なぜなら、今世界が抱えているいろいろな問題を越えてゆくために、世界の先住民族の方々が保っている生きることに対する視点や世界観が、一つの鍵だと感じるからであり、彼らと世界の平和を祈る場所として、富士山と同じく、ここ広島が相応しいと感じるからです。
 
こうして「地球先住民ひろしま会議」はスタートしました。実行委員会は、ほとんどが広島の一市民で構成されています。できるだけ多くの方々と共にこの会議を作り上げてゆければと願っています。祈りへのご参加はもとよりボランティアとしてのご参加も是非お願いいたします。
 
今回の催しは祈りを中心に置いていますので「会議」と名前が付いていることに違和感を覚える方もいらっしゃるかも知れませんが、私たちはそう遠くない未来、世界各国の先住民が広島に集まり、平和について未来について語り合う時が来ることを願って、あえて会議と名付けました。

さまざまな祈りや思いがつながっていのる「今」という時をしっかり感じながら、皆さんもこの広島での祈りとビジョンの輪に加わっていただければと思います。そして思い出そうではありませんか、私たちも先住民の一人だということを。

地球先住民ひろしま会議ホームページ:
http://www.senjumin.net

■2004年6月16日(水)の行事内容■

11:00〜12:00
●広島平和記念公園「平和の池」での「水合わせ」セレモニー●
  世界各地から参加される方々に、その土地の聖なる水を持ってきて
  いただき、その水を集めて「平和の池」に捧げます。

14:00〜16:00 
●世界平和記念聖堂にて●
  地球先住民ひろしま会議を開催(参加費:1000円)
  各先住民それぞれに彼らの言葉による祈りを捧げ、彼らの視点から
  世界平和についてのビジョンをうかがいます。

16:00〜17:00 
●会議参加者全員による懇談交歓●
  聖堂内で先住民の方々と会議参加者との交流を考えています。

18:00〜20:00 
●聖堂付属ホールでの歓迎立食パーティー(参加費:1000円)●
  別室に移ってのレセプション・パーティーです。

■ホームステイ・通訳ボランティアを募集しています■
実行委員会では、広島に来られる先住民や海外オーガナイザーの方々をホームステイしていただける方を募集しています。彼らに、出来る限り生の広島に接していただき、広島の市民の方々との交流もしていただきたいと願っています。

ホームステイについて詳しくお聞きになりたい方、受入を希望される方は、事務局までご連絡下さい。また、通訳ボランティアも募集いたします。海外参加者の方々には16日「水合わせ」儀式の前に、原爆資料館を見ていただこうと思っています。それに同行していただける方、また午後からの懇談会や歓迎パーティーで通訳をしていただける方を求めています。詳しくは、
事務局:TEL:090-2807-6882(山崎)mailto:info@senjumin.net

■寄付のお願い■
趣旨にご賛同いただきご支援くださる方に、ご寄付の窓口を開いております。
郵便振替口座:01360-7-58430
口座名:地球先住民ひろしま会議組織委員会

主 催:地球先住民ひろしま会議実行委員会
事務局・お問い合わせ・ご予約先:
広島市西区天満町2-23 〒733-0022
TEL:090-2807-6882(山崎)
http://www.senjumin.net
mailto:info@senjumin.net

_/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  _/_/_/_/_/

◆ふるいちまゆみ◆

富士山麓『せかいへいわといのりの日』・広島での『地球先住民ひろしま会議』
そして、この地球上に住むすべての友人たちへメッセージを贈ります。

☆☆☆すべてはつながっている☆☆☆

今、私たち人類は 壮大なドラマの中を生きている
今日も、世界のあちこちで きれいなきれいな生命が 花開く前に散っている
確かに 世界は陰謀に満ちている

しかし、私たちの住む地球では 善だけの世界、悪だけの世界は 存在しない
もし、ひとつしかないとすれば、たったひとつの色の世界だから
あらゆるものが存在するからこそ 地球は彩りに溢れる
だからこそ、地球は美しい 世界は美しい
これが、わたしたちの住む 3次元の星 地球

あらゆるものが存在するからこそ 
嬉しかったり、悲しかったり、腹が立ったり、淋しかったり、苦しかったりする
あらゆるものが存在するからこそ 自分と他との違いを知ることが出来、
気づきが生まれ、そして、存在するすべてのこころを 感じることが出来る

ここで 学ぶために わたしたちは 地球に生まれてきた
与えられた命を 完全に開花するために 人間に生まれてきた

ひとは みな それぞれ、別の世界を生きている
星の数ほどの 世界を生きている

しかし、
わたしは あなたであり、他の国の誰かであり、動物たちであり、
森であり、海であり、大地であり、星であり、宇宙であり、神である

すべては 大いなる意識の顕われであり
すべては つながっている

今、こうやっているうちにも 刻一刻、わたしたち人類の意識によって
あらゆるもののこころが創造されている 世界が創造されている
宇宙が創造されている

ひとりの力は 偉大である
ひとりの力で 世界を変えることも出来る

もしも、どこかで、立ちつくす人を見かけたなら
もしも、どこかで、哀しみにくれる人を見かけたなら
もしも、どこかで、倒れそうな人を見かけたなら
もしも、どこかで、怒りにふるえる人を見かけたなら

どうか伝えてください
あなたたちは 愛される為に生まれてきたのだと
あなたたちは 誰かを愛する為に生まれてきたのだと
あなたたちは 完璧に自由であると
そして、あなたたちは 永遠に光り輝く存在だということを

あなたたちは 神聖である 地球は 神聖である
聖なるすべては みえない手でつながっている

あなたたちは ひとりぽっちではない
すべてはつながっていることを思い出せよ

そのとき
世界は 生き返る
世界は 生き返る

この地上に初めから立っていたと言われるオーストラリアの先住民アボリジニにはこんな教えがあります。感じたことは体のひとつひとつの細胞に、人格を形成する意識に、そして、永遠なる魂に 記録される。と


------------------------------------------------
Open-J BOOMERANG Vol.428:アーボルからのメッセージ(05/21)
より

6/5大阪市、6/15広島市の各「ホピの予言2004年版」上映会場で、このWorld Peace & Prayer Day(略称WPPD)の紹介ビデオも上映されます。詳細はこちら:5/22京都市,26福岡,6/5東京・天王寺,6/15広島市 「ホピの予言」2004年版上映イベント



posted by hana at 16:37 | TrackBack(0) | ■PeaceEvent(151-200) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。