体調不良他私事につき、基本的に更新をしばし休業します。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana

2004年05月31日

笑ってる場合ジャナイ◇おもろいシリーズ原発編

ムチャおもろい。
でも、これ、冗談ちゃうねんでーーーーー
おもろいシリーズ教育基本法改正編その1その2につづき、おもろいシリーズ原発編。笑うだけじゃなくて何とかしよーーーっ

追記)
昨日の電話で知った。
うちのだーりんのお父ちゃんち、電気パネルを屋根に付けて、ナント電気会社に電気を売っている(笑)。
自分ちの分使ってもまだ余って売っているんです(笑)。
しかも月額4万円・・・・・・
電気足りないから原発つくらなあかんってホント?
なら電力会社サン、「全電化生活」なんてコマーシャルするのやめたらあ? 足りんのでしょ?
電気製品を家から駆逐しましょう!ってやらなきゃ。

六ヶ所村住人からのおたよりです(以下転載):各位 さま

牛小舎@六ヶ所村です。

昨今の原子力事情は、全国各地、にわかに風雲急を告げてきたようです。
六ヶ所村に暮らしていて、フトまじめに考えると、空恐ろしくなってどんどん落ち込みそうになることがあります。
 
なんだか、生真面目が高じると、息苦しくなったり、身動きがとれなくなることもあるよーな気がします。

そんな折りには、アホなギャグなど考えながら、ヨッコラショと自分を笑わせてみたりもするのです。

もしかして、場違いかも知れませんが、時には息抜きもよろしいかと…。

以前、某通信に書いたものです。

ご用とお急ぎでない方は、お立ち読み下さい(長者番付登場のきみまろさんにあやかって、扇子を片手に講談調に大声で読むと、なおいいかも? !(^^)! )。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「有効期限の過ぎた原発 賞味期限の切れた核燃」
 

 間違いだけを数えていても人の心をなぞれはしない
 教えておくれやまない雨よ本当は誰を探しているの
                   (中島 みゆき)

綾小路(あやのこうじ)きみまろさんがオモシロイ。寄る年波に体力、気力、記憶力が衰え、何ごとにつけ若かりし頃とは勝手が違う中高年の嘆きと悲哀、日々の生活での諦めと自意識を軽妙な語り口で風刺するその鋭い観察力と巧みな話術の迫力に身に覚えのある中高年の観客は爆笑の渦。

速射砲のようにたたみかける毒舌にも聞こえるギャグは、やがて懸命に激動の時代を生き抜いてきた中高年世代に対するいたわりと共感のエールのようにも聞こえてきたりして。

いわく、─ 旦那と知り合った頃は新鮮でした。一緒にいるだけでなんとなく幸せでした。あれから四十年。一緒にいるだけで息苦しい今日この頃。
 出会ったころの女房は、食べたくなるほど可愛かった。あれから四十年。あのとき食べておけば良かった。
 若いときは命懸けでした。命を懸けました。亭主に。あれから四十年。いま、生命保険をかけています。
昔は「よいしょ」といって荷物を持ち上げました。あれから四十年。いまは「よいしょ」といって座り込んでいます。
 ほとんどの方が、家に帰れば、有効期限の過ぎた亭主と賞味期限の切れた女房とにらみ合い。これが本当の「腐れ縁」。 ─ ちょっぴりヤラシイ話も織り交ぜながら、延々と続く独演会。

「あれから四十年…」。なぜかこのフレーズが耳に残り、フと思いついたらたまりません…。
 
それでは、綾小路きみまろさん風に…

─ 夢のエネルギーといわれ、かたやトイレなきマンションともいわれた原子力発電。あれから四十年。原発からの排泄物、核のゴミが連日連夜ドンドコドン。夢のなれの果てが溜まり過ぎ、自家中毒寸前。夢のエネルギーが行き場を失ってウロウロしています。
東京ではゴミの山の「夢の島」。かつて「黄金の島」と呼ばれたジパングも、いまや各地で核のゴミがあふれる「夢の島」です。

科学大国日本。十万馬力の鉄腕アトムは輝かしい科学の子でした。原子力施設も科学の粋を集めて作られました。あれから四十年。原子力施設はアトムとウランで動いているのではありません。支えているのは、ゾーキンとバケツです。いったん事故が起きれば核の防護はナント、ガムテープとベニヤ板。 
今日もまた、 六ヶ所村周辺では、「アトムくん」に「ウランちゃん」、現場作業グッズの店がバーゲンセールの日々であります。

日本の誇る原子力。技術大国ニッポン。安全文化は多重防護。水も漏らさぬ厳重管理。あれから四十年。「漏れちゃった…」。産まれたての赤ん坊ではありません、まだ産まれてもいない六ヶ所村再処理工場でおもらしです。しかも隠しきれずに続々と発覚。押しとどめようもありません。やめられない、止まらない。かしこい母さんカッパえびせん。いまやもうダダ漏れです。ヤングママにヤングパパ、「テッシュ、テッシュ、紙おむつ、紙おむつ」と慌てている場合ではありません。もはや撤収(テッシュウ)するしかないのです。「ウラン、もうダメだ、東京サ帰るベ。」とにわか訛りの青森弁でアトム兄ちゃん、ウランちゃん、原子力一家、手に手を取って中身ごとそっくりオマルを抱えて丸(マル)の内に帰っていたきたいのであります。
 
バックエンド対策だそうです。高レベル高レベルというからハイレベル、高尚なお話と思っていたら、放射能のゴミをどこへ押しつけるか。かたや、金さえ積めばなんとでもなる、こなた、金さえもらえばなんでもいいと性格の不一致、下心の一致。あとは野となれ山となれ。
 政・財・官・地方自治体、民間各種、疑惑の総合商社、利権を狙って各地でうごめくロボコップに欲ボケのボブサップ。打算と杜撰(ずさん)入り乱れての異種間格闘技。K1も真っ青。実にナントも悲惨・無惨な低レベルな高レベル核廃棄物。すったもんだで、いまだにバックエンドはエンドレスであります。
 
「原発は最新の技術と厳しい管理で安全に維持されています。」あれから四十年。炉心に配管、循環ポンプ。金属疲労で原発内部はボロボロ。電力社員は長年の勤続疲労で肉体も精神もボロボロ。地元住民は原発のギロチン破断におののいている中、社内では、過労自殺とリストラのギロチン破断にわなないています。施設も人もメルトダウン寸前であります。とろけていいのはチーズと初恋。とろけちゃいけない原子力。今日もしっかりしろと社内一同、冷水摩擦でもしておるのでしょうか?
 
「原子力は、専門家集団によって作られ運転されています。安心してください。安全です。」と言い続けた原子力業界。あれから四十年。データ改竄・偽造・捏造・虚偽報告。あってはならぬと言いながら、ウソ、ごまかし、脅し、まやかし、なんでもありの原子力。ひょっとして、あれはインチキ、イカサマ、詐欺の専門家集団のことだったのかと妙に納得してしまう今日この頃。おちおち暮らしていられない、エイプリルフールな毎日であります。バカにするなと言いたいです。バカも休み休み言いなさいと昔の人は言いました。二十四時間フルタイム、スタミナドリンクで頑張っておられるみなさま。どうか気兼ねなくお休みいただきたいのであります。休み休みのアホなギャグなら「許していいとも」? 

 「原子力、核燃サイクルは国策国策といいますが、この国には策がないんです」と広瀬隆さんは言われました。いったい私たち一般庶民はどこに連れて行かれるのでしょうか?このまま行くと、ここはどこ?私は誰?誰はどこ?どこはここ?ナタデココ…。策が乱れて錯(さく)乱状態。訳が分かりません。

いまやこの国では有効期限の過ぎた原発と賞味期限の切れた核燃が互いに手を取り合って身動きがとれません。ベトベトにねっぱっております。まさしく「腐れ縁」であります。腐敗ガスが膨張して爆発する前に手を打たなくてはなりません。政・財・官のみなさまには勇気を持って過ちをいさぎよく認めていただかなくてはなりません。国民のみなさんも声を出してサポートしていただきたいのです。地方の時代です。青森からのメッセージです。ここはひとつ、恥ずかしがらずに大きな声で堂々と訛っていただきたいのです。
「原子力政策はス(酸)ッパイ(失敗)です!!!」
             
          (ご静聴ありがとうございました。)m(_ _)m

 力には力をもちてというような正しいことは通じないのよ (方代)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上、 [chance-action:6780] 有効期限の過ぎた原発 賞味期限の切れた核燃 より



posted by hana at 10:30 | TrackBack(0) | ■News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。