体調不良他私事につき、基本的に更新をしばし休業します。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana

2004年04月04日

本紹介「われらの悲しみを 平和の一歩に9.11犠牲者家族の記録]

**「紹介」
「われらの悲しみを 平和の一歩に
9.11犠牲者家族の記録]
by デイビット・ポト−ティ-とピースフル・トモロウズ,
(岩波書店)**

イラク戦争開始から1年が経ちました。
2001.9.11からは2年半がたっています。

日本で、投ぜられた一通のメールから始まった市民の動きはチャンスという場を得て、あっという間に日本中に広まって、新しい人々が平和の運動に参加するようになりました。

おそらくこのMLに参加しておられる多くの方々も、2001.9.11を契機として、戦争・平和というものを我が事として考え、自分に何が出来るかを問いつづけ、行動されてきた事と推察しております。

同じ頃、アメリカでは9.11の惨事に家族を失った人々が悲しみを乗り越えてどう行動していくかということをそれぞれが手探りで考え始めました。

この本はその記録です。 

四面楚歌ともいえる状態で、敵意に囲まれながら、
「自分の受けた苦しみを他者にあじあわせてはいけない」
「復讐がとるべき道ではない」
と声をあげ、非暴力、市民的不服従の行動に徹して活動を始めました。
同じ考えを持つ人がいるのだ ということが 徐々に判ってきて会が結成されたそうです。
http://www.peacefultomorrows.org/

2003/3/17にはワシントンDCで市民的不服従という行動で、ピケットラインを越えて生まれて初めて、手錠をかけられる遺族の姿があります。
http://www.peacefultomorrows.org/gallery/DCcivildisobedience

また、クイックプレーヤーで
http://www.peacefultomorrows.org/gallery/Video
ビデオで彼らの肉声を聞く事も出来ます。

クリスティーナ・オルセンの大変美しい歌声を聞く事もできます。
http://www.peacefultomorrows.org/music/Kristina_Olsen/ArtofBeingKind-forLaurie.mp3


私たちが、いまの地点からもう一歩先に進むためにも、原点にもどってみつめかえす必要があるように思います。
2004年の.3.20は集会の数、参加の人数どれをとっても私たちに希望を与えてくれていると思えます。

この本は 私たちが原点に戻って素直に考えるきっかけを
与えてくれるに違いないと思っています。

+++++
2003/11/28 には この本を纏められたポト−ティー氏の講演会がありました。

その時のメモです。

========

11/28 は 「ピースフルトモロウズ講演会」に参加。時間が早く始まるので、半日休暇をとってしまった。

それでも、イラク戦争開始直後の彼らの声明を自分が訳してHPに載せた経緯からも、是非肉声を聞きたかった。
期待に違わず、特にディビット・ポト−ティさんの講演は素晴らしく、ここ半年くらに参加したイベントでは一番の内容だった。

ディビット・ポト−ティさんは兄さん(ジムという)を亡くされた。

 彼の母親が悲しみにくれてジム、ジム、ジム、---と叫びながら、自分の息子を失った直後にもかかわらず、
「こんな悲しみを味わうのは自分で最後にしてほしい。他の人、世界中の誰にも、同じ悲しみを味あわせたくない。」
とつぶやかれたのに衝撃をうけ、彼の活動がはじまったそうだ。

アメリカが復讐一色の声に意図的に染められていく中に、こういうふうに考えた人が遺族の中に何人もいたそうである。
それで会が結成されたと言う。

=========
(文:KY生)


われらの悲しみを平和への一歩に
9・11犠牲者家族の記録
著者: デイビッド・ポトーティ /ピースフル・トゥモロウズ


出版社:岩波書店
ISBN:4000026488
サイズ:単行本 / 281,
発行年月: 2004年 03月
本体価格:2,400円 (税込:2,520円)
楽天ブックス人文書
Turning Our Grief into Action for Peace
イメージ拡大
http://books.rakuten.co.jp/jinbun/NS/CS
fLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1654
010&rbx=X



原書
September 11th Families for Peaceful Tomorrows: Turning Our Grief into Action for Peace
David Potorti (著), Peaceful Tomorrows (著)


U.S. 定価: $14.95
定価: ¥1,639
価格: ¥1,394
OFF: ¥245 (15%)
amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/A
SIN/0971920648/qid=1080485683/sr=10-
/ref=sr_10_24_/250-6779290-1025843


posted by hana at 00:21 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。