体調不良他私事につき、基本的に更新をしばし休業します。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana

2004年05月31日

「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) 〜ぴーすばたプロジェクトから〜

ぴーすばたプロジェクト です。

PACE=PEACEのイタリア語わたしたちは、「すべての戦争に反対し、平和を求める」という個人の意思を示す旗として、虹色の「ぴーす旗」を頒布してきました。

多くの方々にひろめていただいた結果、これまでに 400枚以上のぴーす旗を、全国32都道府県、67市町村をはじめとして、一部は海外にまで頒布することができました。

ぴーすばたプロジェクトは 3月末をもって解散しますが、あらたに「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) を有志で立ち上げ、個人の反戦、平和の意思を表明する旗やバッジなどをひろめていきたいとおもいます。

------------------------------------------------------
【目次】
  「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) を立ち上げます
 ぴーす旗の今後のご注文について
 運動体割引 --- ぴーす旗で、平和のための活動資金を作りませんか
 お礼
------------------------------------------------------

【「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) を立ち上げます】
 ぴーす旗は、当初の予想をはるかに上回る好評を得て、これまでに 500枚を製造しました。大量に製造した結果、少し利益が出る見込みとなりましたので、その一部を使って Web サイトを開設し、「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) を立ち上げます。

 ぴーす旗にかぎらず、個人の平和の意思を表明する品の紹介、頒布を行っていきたいとおもいます。

 「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) については、下記にお問い合わせください:
Web サイト: http://PeaceGoods.info/ (現在、開設準備中です)
電子メール: info@PeaceGoods.info

【ぴーす旗の今後のご注文について】
 ぴーす旗は、まだ少し在庫がありますので、「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) にご注文ください。注文方法は下記のとおりです。

* 大量に仕入れて販売し、収益を自分たちの活動などのために使いたい、という方は、後に説明しております「運動体割引」をご検討ください。

●電子メールで注文 → 代引き宅配便
つぎのことを、電子メールで info@PeaceGoods.info 宛てお知らせください:
 1. 送付先の 郵便番号、住所、お名前、ご担当者名。
 2. ご希望の配達日、配達時間帯 (ご希望があれば)。
 3. 「ぴーす旗」の必要枚数。
折り返し、確認の電子メールを返送します。その電子メールに返信いただいたら、ヤマト運輸のコレクトサービス (代金引き替え宅配便) で発送します。品物を配達しにきたら、お金と引き替えに受け取ってください。

* 引き替える金額には、頒価 (1枚2,000円) と宅急便運送料 (発送元は関東です) のほかに、代引き手数料 (1 万円未満 300 円、3万円未満400円)が加算されます。あらかじめご用意ください。

●郵便振替で注文 → 郵送
郵便振替口座は現在準備中です。最新情報は、次の Web サイトでご確認ください:
http://PeaceGoods.info/ (現在、開設準備中です)

【運動体割引 --- ぴーす旗で、平和のための資金を作りませんか】
 ぴーす旗を大量に仕入れて販売し、収益を自分たちの活動などに使いたい、という団体や個人の方のために、「運動体割引」を募ります。
下記の要領でご応募ください。

[対象]
 非暴力的な手法で、平和の実現、紛争の防止や停止、差別の解消、政治や経済システムによる抑圧の解消、のいずれかの活動を行っている、団体、グループ、または個人。

[条件]
 1. ぴーす旗を、卸値で一度に買い取っていただきます。
   買い取り枚数は 50 枚以上でお願いします。
 2. 「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称) は、ぴーす旗を希望の枚数だ
   け製造し、卸値で卸します。
  * 卸値は、応募団体/個人ごとにご相談させていただきますが、
    だいたい1枚あたり 900〜1200円程度となる見込みです。
 3. 卸したぴーす旗は、プロジェクトが指定する「最低頒価」を下回らない
   頒価で頒布していただきます。
   頒価から卸値と必要経費をさし引いた額が、団体/個人の収益と
   なります。
  * 消費税や地方消費税を納付している団体の場合は、これらの税は
   頒価に含めてもかまいません。また、送料などの頒布手数料は、
   頒価と別に取ってもかまいません。
  * 「最低頒価」は、1 枚あたり 1500円程度となる見込みです。
 4. 応募の際に、ぴーす旗の販売によって得る収益の使途を知らせて
   いただきます。この使途は「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称)
   Webサイトなどで公表します。
  * 予算計画や会計報告は不要です。
  * 使途は、「自団体の活動資金にする」(団体の場合)、「自分の
   生活費に充てる」(個人の場合) といったものでも構いませんが、
   活動目的と大きくへだたったものでないほうがいいでしょう。

[応募方法]
つぎのことを、電子メールで info@PeaceGoods.info 宛お知らせください:
 1. 団体/グループ/個人のお名前。
 2. 電話番号、電子メールアドレス、ご担当者名 (当プロジェクトから連
   絡をとるための)。
 3. 活動の紹介 (200字以内)。
 4. ぴーす旗の販売によって得る収益の使途 (50字以上100字以内)。
 5. 貴グループが注文を受ける際の連絡先、注文方法 (予定で
   けっこうです)。
 6. ぴーす旗の買い取り希望枚数 (50枚以上)。
 * 2. の情報は、公表いたしません。
  それ以外の情報は、ぴーすぐっづプロジェクト (仮称) の Web サイト
  などで公表します。

応募締切: 2004年4月10日 24時 (日本時間) まで。

なお、買い取りいただく旗のお届けは、4月下旬となる見込みです。

【お礼】
 最後になりましたが、ぴーす旗などの製造、頒布にあたっては、以下の方々にご協力をいただきました。社名、氏名を記して感謝の印とします。

[ぴーす旗製造]
  日本信号旗株式会社 (本社・東京都中央区)
[非戦バッジ/平和バッジ製造]
  合資会社グッド・スタッフ (本社・東京都目黒区)
[宅配便発送協力]
  株式会社市民電子情報網 (本社・東京都千代田区)
[郵便振替口座管理、郵送]
  大木晴子 (Web サイト「明日も晴れ-大木晴子のページ」主宰)

そして、いちいちお名前を記すことができませんが、ぴーす旗を広めてくださり、日々の生活の中で使い続けてくださる、多くの方々に感謝いたします。

共に、戦争や抑圧のない世界を作っていきましょう。

ありがとうございました。

以上.
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
以上 [chance-action :6369] 【お知らせ】ぴーすばたプロジェクト 解散にあたって / 今後の注文方法 ほか より

「ぴーすばた」プロジェクト に関しては:
  http://truce-info.seesaa.net/article/72657.html
  http://www.peaceflags.ch/show.asp?section=album&lang=jp

ぴよの素材やさん」で、ぴーすばたの可愛いアイコンを配布
 しています。
posted by hana at 06:19 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月04日

Cafe' Rai Timor カフェ・ライ・ティモール+東ティモール民芸品

  無農薬・無添加の東ティモール・フェアトレードコーヒー

PARCがオルター・トレード・ジャパン(ATJ)と共に東ティモールアイナロ県マウベシ郡のコーヒー生産者支援を始めてから、約一年半が経とうとしています。

最初は36家族と共に行なっていたコーヒーの収穫・加工作業も今では6集落・約200家族が協働するまでになりました。

マウベシ郡は、首都ディリから車で2時間程度、涼しくて美しい山地です。朝晩にはきりが深く、陽が昇るにつれて霧が晴れてくるときの光景はすばらしいものです。
標高1300〜1500メートルの高地なので、昼夜のはげしい気温差が甘味のあるコーヒーの実を育てます。

 "Cafe Rai Timor"には、
  農薬も化学肥料も一切使われていません。


コーヒー豆は、東ティモールの生産者が一粒一粒
丁寧に収穫し、手作業で果肉を取り除いた後、
天日でじっくり2週間、乾燥させます。

  <>:<>:<> 参 考 <>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>
  ※フェアトレードとは? (by People Tree) 
   「フェアトレード」は、世界経済や流通システムの歪みによって
   貧困に追いやられている途上国の人々を支えるために始められま
   した。寄附や援助とは異なり、立場の弱い人々が正当な報いを受
   け、誇りを取り戻して自立することを共に目指す、対等なパート
   ナーシップによる貿易です。フェアトレードでは、公正な賃金を
   支払い、必要に応じて代金を前払いしたり、継続的に安定した発
   注をして生産者の人々を支援します。また、生産地で豊富に採れ
   る原料や伝統的な技術を活かしながら、広く消費者に受け入れら
   れる商品を開発するために、デザインのアドバイスやマーケティ
   ング情報を提供します。環境に負荷をかけない持続可能な方法で
   つくられたフェアトレード製品は、つくる人にも、地球にも、そ
   してそれを身につけたり食べたりする私たちにもやさしいのです。

   フェアトレードとは? (by わかちあいプロジェクト)
  <>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<>:<> 参 考 <>:<>:<>:<>


一袋から注文できます
※10袋以上ご注文の場合は、特別割引の上、送料無料

■定価(10袋未満の場合)■ 
 ・"Cafe Rai Timor" 1袋(200g): ¥600 (粉・豆)
 ※送料は、全国一律500円

■10袋以上ご注文の場合は・・・■ 
 ・"Cafe Rai Timor"1袋(200g)あたり: ¥580  (送料無料です!)

⇒ご注文はこちら
 E-mail (office@parc-jp.org)、電話、FAXでもご注文いただけます。
○代金お支払い方法
 コーヒーを送付する際に、請求書と郵便振替用紙を同封致しますので、
 郵便局からお振込みください。

■"Cafe Rai Tirmo"ギフトセットもあります■
セット内容
  ・カフェ・ライ・ティモール(各200g入)3袋
  ・グリーティングカード(1枚)
<税込> 2,300円
※豆・粉の内訳はご指定いただけます。
※送料は別途かかります(料金は地域により異なります)。

○ご注文方法
 ご注文フォームからお申込下さい。
 電話かFAXからもご注文いただけます。
 →ご注文フォームはこちら
○代金お支払い方法
  お申込をされた方宛てに、請求書と郵便振替用紙を送付致しますの
 で、郵便局からお振込み下さい。または、ご請求先をご指定下さい。

連絡先:アジア太平洋資料センター(PARC)
     TEL: 03-5209-3455 
     FAX: 03-5209-3453
     E-mail:office@parc-jp.org


  東ティモールの民芸品も
  販売しています


コーヒーを運んできたコンテナに、東ティモールの民芸品も一緒に乗せてきました。PARCが机・椅子プロジェクトを実施してきたリキサ県の農民がつくった籠やバッグ、たばこケース(小物入れ)などです。PARCにお立ち寄りいただければご購入いただけます。

2003年はこのコーヒー農民支援を拡大する計画ですので、皆様のご支援をよろしくお願いします。

**PARC東ティモール通信L
**月刊オルタ2003年12月号より 来年のコーヒー収穫期に向けて
**http://www.parc-jp.org/coop/timor/letter/tusin0312.html

★今後とも皆様のご支援をよろしくお願い致します★
募金の振込先 
郵便振替口座 00140-8-536957
口座名 PARC東ティモール市民平和再建プロジェクト
連絡先:アジア太平洋資料センター(PARC) 
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail:office@parc-jp.org

--------------------
以上
PARC WEB SITE http://www.parc-jp.org
トップページ Cafe Rai Timor 発売中! より
(直りん http://www.parc-jp.org/coop/timor/caferaitimor.html
posted by hana at 22:22 | TrackBack(1) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PACEの虹の旗をふるひよこの可愛いアイコン

イタリアから始まったといわれる虹の「PACE」(パーチェ)の旗
http://www.peaceanywhere.org/show.asp?section=album&lang=jp
をふるヒヨコのアイコンを、「ぴよの素材やさん」で配布しています。
パーチェなヒヨコ(ご利用の際は利用規定をお読み下さい)

Peace Flagについて
  > 始まりはね、「全ての窓、バルコニーにピースフラッグを!」と
  > いうスローガンを持って、イタリアでの何人かのグループがピース
  > フラッグを配ったり、飾ったりしたことです。 今年3月末頃までに
  > は、250万枚以上の旗が飾られ、その中には公共建築物もあっ
  > たりします。 全てのセカンドハウスに旗が飾ってある村もいくつ
  > かあるんだよ。このような状況があちらこちらで見られるようにな
  > り、徐々に広まっていっています。他国でもそれぞれピースフラッ
  > グを飾る建物が多くなってきました。Olivier Oswald, 3.5.2003
    >インフォメーション (PDF by GSoA)
http://www.gsoa.ch/gsoa/material/pace_peaceflags.pdf (英語)

【平和の虹の旗 (ぴーすばた) 普及プロジェクト】
 虹色の旗を掲げませんか?(バンダナ・ステッカーも) も参照
posted by hana at 12:02 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペン しなもんさんの平和について考える本棚

 
「おとなはなぜ戦争するの」 子どもの声を聞く児童
「われらの悲しみを平和への一歩に」D.ポトーティ 著 ピースフル・トゥモロ
「彼女の夢みたアフガニスタン 英文対訳付」 山本敏晴/写真・文
「おにいちゃん、死んじゃった イラクの子どもたちとせんそう 」 谷川俊太郎/詩
「戦争を起こさないための20の法則 」 鎌田慧/監修 ピースボート/編
「私たちはいま、イラクにいます」 シャーロット・アルデブロン/文 森住卓/写真
「あなたが世界を変える日 12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ」 セヴァン・カリス=スズキ/著 ナマケモノ倶楽部/編・訳
「それでも私は戦争に反対します。 」 日本ペンクラブ/編
「有事法制・国民保護法制 だれのため?なんのため?」 自由法曹団/編
「戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法」 田中優/編 小林一朗/編 川崎哲/編
「私は英雄じゃない ジェシカのイラク戦争 」 リック・ブラッグ/著 中谷和男/訳 藤田正美/監修
「おい、ブッシュ、世界を返せ!」 マイケル・ムーア/著 黒原敏行/訳
「さらば外務省! 私は小泉首相と売国官僚を許さない」 天木直人/著
「読み聞かせる戦争」 加賀美幸子/選 日本ペンクラブ/編

(2004-03-25現在)

レビューなど詳しく見たい方は、
  しなもんさんの 平和について考える本棚 へ
  (せっけん・エコロジー関係の本棚もあります)
posted by hana at 11:19 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おにいちゃん、死んじゃった イラクの子どもたちとせんそう」

 イラク戦争開戦から1年を機に、イラクの子どもたちが描いた絵に詩人、谷川俊太郎さんの詩を添えた絵本「おにいちゃん、死んじゃった イラクの子どもたちとせんそう」(教育画劇刊)が出版された。燃えさかる街、悲しみに涙する自画像。出版に協力した日本国際ボランティアセンター(JVC、東京都)の広瀬哲子さん(30)は「一番弱い子どもの目線に立って、戦争の愚かさを考え直してほしい」と話す。

 絵本には、劣化ウラン弾によるとみられる白血病の治療で髪の毛が抜けた男の子、安心して遊べる将来の街の姿、生々しい戦争の記憶の絵などが、子どもたちの声とともに紹介されている。

 今もバグダッドのマンスール子ども教育病院などで医療・人道支援を続けるJVCメンバーらが、昨年夏から秋にかけ、支援の中で出会った子どもたちにアラビア語に訳した谷川さんの詩の朗読会を開催。その際、「生きる」「夢」「将来」「戦争」などをテーマに絵や作文を書く活動に取り組んだ。絵本には、約150人が表現した約400枚の作品の一部が収録された。

 絵本の後半には、女の子のヌハードさんが描いた笑顔の自画像が載っている。「大人(おとな)たちへ」と題された詩が添えられている。

  どうして戦争(せんそう)を始(はじ)めたのですか

  私(わたし)たちは戦争(せんそう)なんて望(のぞ)んでいません

  他(ほか)の国(くに)の人(ひと)たちと平和(へいわ)に過(す)ごしたいのです

 40ページ。税別1000円。収益の一部はJVCを通じてイラクの子どもたちの教育や医療のために寄付される。JVC(03・3834・2388)。【高尾具成】
[毎日新聞3月22日] ( 2004-03-22-03:00 )

おにいちゃん、死んじゃった
イラクの子どもたちとせんそう


著者: 谷川俊太郎 /イラクの子どもたち

出版社:教育画劇
ISBN:4774606081
サイズ:絵本 / 1冊(ペ
発行年月: 2004年 02月
本体価格:1,000円 (税込:1,050円)

**買う or 借りる or プレゼントする**
プレゼント イーエスブックス
http://product.esbooks.co.jp/product/child/shinkan/rb?accd=31334827
しなとら店長「石けんと平和の本棚」平和の本コーナーより
しなとら [★★★★★] −2004年03月25日
今日立ち読みしましたが、イラク戦争の影響を受けた子どもたちの絵と言葉が心に突き刺さってきました。やはり子どもたちには深い悲しみと恐怖だったのです。イラクは半数以上が子どもなのにどうして戦争してしまったのでしょう・・。戦争支持した人にはぜひ読んでほしいけど、こういう本には見向きもしないのかな?それとも、読んでもなんとも思わないのかな?読んでもしかたないことと割り切れるのでしょうか・・?...

きゅん店長「  株大好き.com」大好きな絵本コーナーコーナーより
きゅん [★★★★☆] −2004年02月08日
戦争ってなんで起こっちゃうんでしょうね・・絶対にもうこれ以上罪のない人々が、夢を持った子供たちが被害にあわないように・・・ まず、私たちに出来ることは世界で起こっていることを「知る」事にあると思います。

プレゼント 紀伊國屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9977971978
プレゼント 楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1641427&rbx=X
プレゼント TRC bk1
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=04007602
プレゼント 「BOOK」asahi.com
http://book.asahi.com/category/s_book.html?code=4774606081&flg=0

ビル googleで検索すると、各自治体の所蔵図書館のHPが多数出てきます。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%22%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%80%81%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%A3%E3%81%9F+%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%9D%E3%81%86%22
posted by hana at 09:37 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20 DAYS JAPAN創刊!

志あるフォト・ジャーナリズムが消えていくことは、
時代が恐ろしい所に突き進んでいくのをチェックできないということなのです。
時代を読み取る目を失うということなのです。

                 広河隆一 「発刊の趣旨」より

<創刊号予告>
■創刊のことば 広河隆一
■特集 『大義なき戦争』
  写真/オリバー・コレット他
  写真・文/森住 卓、広河隆一、
  執筆者/酒井啓子、池田香代子、ほか

■連載
 写真/セバスチャン・サルガド 文/池澤夏樹

 戦場のフォト・グラファー
 チェチェンの子どもたち
 写真/ジェームズ・ナクトウェイ 文/林克明

 「営みの大地」写真・文/野町和嘉

 “Woman's Report”@
 パートナーからの暴力
  写真/ドンナ・フェラート 文/落合恵子

■ドキュメント日本列島
    ハンセン病元患者達の闘い

■コラム 綿井健陽・服部孝章
                  他

リ−フレット参照

創刊号は3月19日(金曜日)より店頭販売開始

(以上 http://www.daysjapan.net/index2.html より)
posted by hana at 08:35 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パスポートカバーと国際人道法ポケットリーフレット

【パスポートカバー】日本で生活する日本国籍をもった人達の
多くは、日頃、自分が日本人であるということをとりわけ意識
することもなく暮らしていますが、パスポートを携え外国を旅
行すると、それを強烈に意識し、異国の地で自分の国の有りよ
うを考えたりすることがあります。その際、日本が「軍備の放
棄」「交戦権の放棄」を盛り込んだ憲法を持った国であること
は、他の国と比べて非常に特徴的であるということに気がつく
ことがある、という声をしばしお客様からいただきます。また
、過去の反省に基づいて、曲がりなりにも終戦後、軍隊を派兵
することなく、直接、人を殺戮していないという事実は、日本
人が安全に外国を旅行する際の大きな財産になっている、との
声も多く寄せられています。この2点が、今回の製品化の背景
になっています。

【国際人道法ポケットリーフレット】日本人の海外旅行者の数
が年間1200万人を超え、旅行の目的も単なる観光旅行では
なく、しっかりしたテーマに基づいたものに変わってきていま
す。しかし、それとともに旅行者が紛争など予期せぬ状況にお
かれる確率が、これまでよりは高くなってきているのも事実で
す。先般、17人の尊い人命と引き換えに事件解決をみたペル
ー日本大使公邸人質事件で、赤十字の行った救援、救護活動の
拠って立つところとなった、国際人道法(戦時における文民の
保護に関する1949年8月2日のジュネーブ条約)という国
際法があります。これには、武力紛争時における文民の人権保
護についての条文が定められており、日本は1953年に加盟
の手続きをとり、現在、世界188カ国が加盟しています。こ
の国際人道法のなかに外国人の人権保護についての条文が定め
られており、その存在を私ども旅行業に携わる者が理解する必
要があることはもとより、海外を旅行するお客様にも広く知っ
ていただければと考え制作にいたりました。
(以上 【背 景】 から)

朝日新聞でも紹介されました 朝日新聞2002年7月30日

毎日新聞でも紹介されました 毎日新聞2002年5月4日

中日新聞でも紹介されました 中日新聞2001年10月2日

朝日新聞でも紹介されました 朝日新聞2000年5月 1997年7月


憲法9条の英語訳・ハングル訳・中国語(簡体字)訳をプリントしたオリジナルパスポートカバー&
国際人道法(抜粋)英訳・和訳リーフレット


マイチケットでは、1997年に、日本国憲法施行50年を迎えた
のを機に、日本国憲法第9条(英文)をプリントしたパスポー
トカバーと、国際人道法の抄録(英文と日本語訳)を印刷し折
り畳んでパスポートカバーのポケットに入れることができるリ
ーフレットを制作いたしました。
今回制作しました「憲法9条プリントのパスポートカバー(英
語版)」、「国際人道法ポケットリーフレット」に続きまして、
「憲法第9条プリントのパスポートカバー(ハングル版)」
「憲法第9条プリントのパスポートカバー(中国語版)」を作
成しています。
-----------------------------------------------
注文:1部 500円です。ご注文は2部より承ります。送料は
不要です。
お申し込み:http://www.myticket.jp/kenpou4.html

(株)マイチケット  梅村 尚久(成田出発等担当)
TEL 03−3222−7800(大阪へ転送されます。)
TEL 06-6304-7800 FAX 06-6304-7989
〒532-0011 大阪市淀川区西中島3丁目20-8 新和ビル4階
info@myticket.jp http://www.myticket.jp

マイチケットパスポートカバー係よりのまじめな解説
経 緯
パスポートは外国に滞在するときに自分のアイデンティティー
を証明し、自分を守るものです。私ども旅行業に携わっている
者は、お客様が外国を旅行する際に最も大切なパスポートを査
証取得の代行など様々な場面においてお預かりする機会があり
ます。大切なパスポートですので、カバーを利用されている方
もおり、私ども旅行会社も、そのお役に立とうとパスポートカ
バーをお客様に配ることが慣例となっています。しかし、その
ほとんどの場合、会社のマークや名前などの宣伝が大きく印刷
されており、お客様がそれを使用するのに二の足を踏むことが
多いのも事実です。また旅行グッズを扱う小売店などで市販さ
れているパスポートカバーは値段が高く、お求めにくくなって
います。 

そこで、外国を旅行されるお客様に喜ばれ、本当の意味でお役
に立てるようなパスポートカバーの制作にアイディアを絞って
きました。

内 容
【パスポートカバー】無色透明のビニール製で、裏表紙(菊の
紋章と日本国査証と記されていない面)に日本憲法第9条の全
文が英文で印刷されています。

【国際人道法ポケットリーフレット】ジュネーブ条約に基づく
国際人道法第4条(戦時における文民の保護)の第2項(紛争
当事国の領域にある外国人)の抄録の英文と日本語訳を印刷し
、折り畳んでパスポートカバーの内ポケットに挟み込めるよう
になっています。

狙 い
【パスポートカバー】日本国憲法が施行されて50数年がたち
、様々な場で改憲論議がされていますが、それに賛成の方も、
賛成でない方も、あるいは関心のない方も、自分の国籍を最も
意識する環境の中で、改憲論議の中心の一つとなる憲法9条に
ついて、それが印刷されたカバーのかかったパスポートを材料
に多くの国の市民(*カンボジアなどの国連平和維持活動に参
加した自衛隊は、外国の一般市民の間では軍隊とみなされてい
ます)とコミュニケーションができ、日本国憲法について一度
考える機会になることっを願っています。

【国際人道法ポケットリーフレット】外国を旅行されているお
客様が、万が一、紛争などに巻き込まれた場合に、世界188
カ国が確認している外国人の人権保護についての条約について、
その時に理解していれば、安全確保の上でいくらかお役に立
てるのではないかと考えています。

価 格
パスポートカバーと国際人道法ポケットリーフレットを1セッ
ト500円(消費税込)で販売いたします。ただし、郵送でお
求めの方は、送料を弊社負担としますので2セットからのお申
し込みとなります。

補 足
今回制作しました「憲法9条プリントのパスポートカバー(英
語版)」、「国際人道法ポケットリーフレット」に続きまして、
「憲法第9条プリントのパスポートカバー(ハングル版)」
「憲法第9条プリントのパスポートカバー(中国語版)」を作
成しています。

(株)マイチケットは1982年に設立された旅行代理店で、
日本の市民と世界の市民をつなぐことをモットーに、市民提案
型の「ハワイ先住民と解放の神学」「タンザニアの農村滞在と
民族音楽」「ベンポスタ子ども共和国体験入国」「カンボジアこど
もの家」などのオルタナティブツアー、スタディーツアーを中心
に手がけています。
(以上 http://www.myticket.jp/kenpou1.html より)
posted by hana at 07:27 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【平和の虹の旗 (ぴーすばた) 普及プロジェクト】

ぴーすばたプロジェクトは、「ぴーすぐっづプロジェクト」(仮称)として再出発しました(ココ参照)。

イタリアから始まったといわれる虹の「PACE」(パーチェ)の旗を、日本風にアレンジしてつくったものです。
日本語で平和の文字もあります。
3月20日の「イラク戦争」開始1周年に向けて、仲間達でこのレインボー「PEACE」旗を作ることになりました。とりあえず100枚の予定です。
各地でなびかせませんか?
団体の旗ではなく、個人の意思を表明する旗です。

※ 実物の写真はココ↓でみれます
http://blog.goo.ne.jp/natsunoasa/e/58048359048a04f74657a4d7d95b48b0

【平和の虹の旗の由来】
* 非暴力運動のリーダーのアルド・カピチニが1961年の平和行進に使った“イタリア平和主義者の旗”について紹介します。原文はイタリア語で、英語版から訳出しました。
原文: http://www.comitatopace.it/materiali/bandieradellapace.htm
英文: http://fotw.unislabs.com/flags/it%7Dpace.html#orig

最初の平和の旗は、今、トディ (中央イタリアの町) の近くのコレバレンツァにあって、ランフランコ・メンカロニ博士が保管している。彼は、メンカロニの友人で、獄友でもあるが、ペルージャ - アッシジ (聖フランシスコがいた町) 間の平和行進を提案していた平和哲学者アルド・カピチニの協力者でもあった (原文の写真はシルバナ・メンカロニ (金髪) とアンナ・カピチニの1961年の行進のときのもの)。

この旗は1961年9月24日の平和行進に初めて登場した。それはバートランド・ラッセルに率いられたアルダーマストン (イングランド) での反核抵抗運動における英国の平和活動家の旗に触発されてできたものだった。カピチニは、友人のペルージャの女性たちに、さまざまな色の帯をできるだけ早く縫い合わせて、旗にして行進で掲げよう、と頼んだのである。

聖書の大洪水の神話では、神は虹を、人間と自然との融和の封印としてつかい、二度と大洪水が起きないように、と約束したという。こうして、虹は天と地の間の、そして人類全部の平和の象徴になった。

虹の色は (円盤に描いて) 早く回すと白色に見えることから、“差異のなかの統一”という意味もある。

旗にあたえられる「平和のシンボル」という意味付けは、すべての物と人を融合させる虹と同じように、“ひとつにすること”というギリシャ語の“シンバロ”にまで遡ることもできる。

さらに、虹色のうちの5色は、民主主義アフロ・アメリカン運動のジェシー・ジャクソン師が設立した公民権協会で用いた「人種の旗」のなかにも含まれている。

虹の平和の旗は、80年代にイタリアの平和行進やデモンストレーションで広く用いられ、またイタリアのボランティアが率いた海外での NGO、NPO活動 (サラエボ、イラク、コソボ、コンゴ) でもよく使われた。

2002年の9月以降、イタリアで大成功を治めた「すべてのバルコニーから平和を」(Pace da tutti i balconi) のキャンペーンで使われ、何万人もの人々がバルコニーや窓からこの旗を掲げ、「戦争というものに反対、イラク戦争反対」という意思を、はっきりと示したのである。

(パオロ・モンタネリ、2003年3月1日)

………‥‥‥………‥‥‥………‥‥‥………‥‥‥…
※ 世界中の虹の旗の写真を集めたサイト↓
http://www.peaceflags.ch/show.asp?section=album&lang=jp
………‥‥‥………‥‥‥………‥‥‥………‥‥‥…

--- 新宿西口地下広場反戦意思表示有志からのメッセージ ----

陸を越え、海を越え、国境を越えて、虹は架かります。
国家にとらわれない、
国境や人種をはじめとする、一切の差別を超えた、
自立した人々の心のシンボルとして、
私たちはこの虹の旗を提案します。

私たちは、イタリアから始まったといわれる虹の「PACE」(パーチェ) の旗を、日本で作り、市民一人一人の意思表示の旗として、お届けすることを考えました。

2004年3月20日の「イラク戦争」開始1周年、国際反戦統一行動に、「市民の戦争反対の意思」を表明し、今後の憲法九条改悪を狙う様々な動きや「市民の平和に暮らす権利」を脅かすに風潮に対して、私達の意思を明確に表明する旗として活用していただければ、とてもうれしいです。

虹の旗は、旗として持つだけでなく、マントとして使用する、バルコニーやベランダに掲げる、部屋のインテリアにするなど、さまざまな使い方があります。創意工夫で「PEACE」の文字は、いつでもどこでも飛び交います。

なお、綴りは、より親しみのある「PEACE」に変え、日本の仲間が作った印として、「平和」というロゴを小さく入れてあります。

●頒価: 2000円 / 1枚、送料別 (ほぼ原価でお頒けしています)
●大きさ: 135cm × 90cm
●材質: ポリエステル100%、シルクスクリーン
●綴り: 英語の PEACE、右下に「平和」のロゴ
●申し込み先:
☆郵便振替+郵送希望の方は
http://www.seiko-jiro.net/modules/news/article.php?storyid=108
に案内しておりますので、お申し込みください。
☆代引き宅配がよい方や、その他大量注文などご相談のあるかたは、電子メールで
peacegoods@jca.apc.org
へお願いします。

ご注文は郵便振替か、代引き宅配便で受け付けています。
3月20日に使いたいかたは、郵便振替では 3月16日、代引き宅配便では3月17日までにお申し込みください。それ以降のお申し込みの場合、お届けが 3月20日以降になることがあります

(以上 http://give-peace-a-chance.jp/118/peaceflag.html
 http://www.neosys.ne.jp/uncleits/index2.htm
 より)

おまけ: きれいな虹のサイト PACE=PEACE、イタリア語で平和です

STOP!イラク派兵・京都でも、虹色の旗・バンダナ・ステッカーを配布しています。
posted by hana at 03:51 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本紹介「われらの悲しみを 平和の一歩に9.11犠牲者家族の記録]

**「紹介」
「われらの悲しみを 平和の一歩に
9.11犠牲者家族の記録]
by デイビット・ポト−ティ-とピースフル・トモロウズ,
(岩波書店)**

イラク戦争開始から1年が経ちました。
2001.9.11からは2年半がたっています。

日本で、投ぜられた一通のメールから始まった市民の動きはチャンスという場を得て、あっという間に日本中に広まって、新しい人々が平和の運動に参加するようになりました。

おそらくこのMLに参加しておられる多くの方々も、2001.9.11を契機として、戦争・平和というものを我が事として考え、自分に何が出来るかを問いつづけ、行動されてきた事と推察しております。

同じ頃、アメリカでは9.11の惨事に家族を失った人々が悲しみを乗り越えてどう行動していくかということをそれぞれが手探りで考え始めました。

この本はその記録です。 

四面楚歌ともいえる状態で、敵意に囲まれながら、
「自分の受けた苦しみを他者にあじあわせてはいけない」
「復讐がとるべき道ではない」
と声をあげ、非暴力、市民的不服従の行動に徹して活動を始めました。
同じ考えを持つ人がいるのだ ということが 徐々に判ってきて会が結成されたそうです。
http://www.peacefultomorrows.org/

2003/3/17にはワシントンDCで市民的不服従という行動で、ピケットラインを越えて生まれて初めて、手錠をかけられる遺族の姿があります。
http://www.peacefultomorrows.org/gallery/DCcivildisobedience

また、クイックプレーヤーで
http://www.peacefultomorrows.org/gallery/Video
ビデオで彼らの肉声を聞く事も出来ます。

クリスティーナ・オルセンの大変美しい歌声を聞く事もできます。
http://www.peacefultomorrows.org/music/Kristina_Olsen/ArtofBeingKind-forLaurie.mp3


私たちが、いまの地点からもう一歩先に進むためにも、原点にもどってみつめかえす必要があるように思います。
2004年の.3.20は集会の数、参加の人数どれをとっても私たちに希望を与えてくれていると思えます。

この本は 私たちが原点に戻って素直に考えるきっかけを
与えてくれるに違いないと思っています。

+++++
2003/11/28 には この本を纏められたポト−ティー氏の講演会がありました。

その時のメモです。

========

11/28 は 「ピースフルトモロウズ講演会」に参加。時間が早く始まるので、半日休暇をとってしまった。

それでも、イラク戦争開始直後の彼らの声明を自分が訳してHPに載せた経緯からも、是非肉声を聞きたかった。
期待に違わず、特にディビット・ポト−ティさんの講演は素晴らしく、ここ半年くらに参加したイベントでは一番の内容だった。

ディビット・ポト−ティさんは兄さん(ジムという)を亡くされた。

 彼の母親が悲しみにくれてジム、ジム、ジム、---と叫びながら、自分の息子を失った直後にもかかわらず、
「こんな悲しみを味わうのは自分で最後にしてほしい。他の人、世界中の誰にも、同じ悲しみを味あわせたくない。」
とつぶやかれたのに衝撃をうけ、彼の活動がはじまったそうだ。

アメリカが復讐一色の声に意図的に染められていく中に、こういうふうに考えた人が遺族の中に何人もいたそうである。
それで会が結成されたと言う。

=========
(文:KY生)


われらの悲しみを平和への一歩に
9・11犠牲者家族の記録
著者: デイビッド・ポトーティ /ピースフル・トゥモロウズ


出版社:岩波書店
ISBN:4000026488
サイズ:単行本 / 281,
発行年月: 2004年 03月
本体価格:2,400円 (税込:2,520円)
楽天ブックス人文書
Turning Our Grief into Action for Peace
イメージ拡大
http://books.rakuten.co.jp/jinbun/NS/CS
fLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1654
010&rbx=X



原書
September 11th Families for Peaceful Tomorrows: Turning Our Grief into Action for Peace
David Potorti (著), Peaceful Tomorrows (著)


U.S. 定価: $14.95
定価: ¥1,639
価格: ¥1,394
OFF: ¥245 (15%)
amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/A
SIN/0971920648/qid=1080485683/sr=10-
/ref=sr_10_24_/250-6779290-1025843
posted by hana at 00:21 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月17日

PEACE MART

スティッカー、フラッグ、CD、DVD、コンサート・ライブチケットなど、ピースな文化の商品カタログサイト
http://blog.goo.ne.jp/natsunoasa/
posted by hana at 07:32 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月16日

虹色の旗を掲げませんか?(バンダナ・ステッカーも)

※にじの旗※
イタリアから始まったといわれる虹の「PACE」(パーチェ) の旗がオリジナルです。
世界中のにじの旗の写真がこちらのサイトで見られます:
http://www.peaceflags.ch/show.asp?section=album&lang=jp

  *=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

STOP!イラク派兵・京都では、3・20イラク戦争一年を機に軍事占領をやめろ!自衛隊の派遣反対!派遣された自衛隊の即時帰還を求め、虹色の旗・バンダナ・ステッカーを広めようと呼びかけています。
虹色の生地に白抜きの「PEACE」の文字が入っています。
ただし、「平和」バンダナだけは、虹色の生地に「平和」の文字が墨色で入る予定です。

■旗:1000円/枚(サイズ95cm×135cm) お店や事務所、お家のベランダや窓に!
街のあちこちに旗が掲げられて平和への思い、反戦の意思表示ができたらいいですね。
■「平和」のバンダナ 500円/枚(約50cm角) 毎年12月に「今年の漢字」を書き続けておられる清水寺の森清範貫主に揮毫していただいた「平和」の文字を虹のバンダナに染めました。(ただ今製作中です。完成は3月20日頃(?)の予定です。)
■「PEACE」のバンダナ 500円/枚(約50cm角) 折って頭や腕や首に巻いても、リボンにしても、「PEACE」の文字が見える!小旗の代わりにつかってもいいですネ!
■ステッカー:100円/枚(シール/A6版) 

★★★★ 一人ひとりの「PEACE ACTION」として、平和の虹を身につけたり、車に貼ったり、家のベランダに旗を掲げたりして、平和への思いを表現しましょう!
 
★★★★★
【価格】 旗/1,000円  バンダナ/500円  ステッカー100円  です。
ご予約承ります!! FAX 0774-44-3102
E―mail terra2002kyoto@yahoo.co.jp
ハガキの方は 〒611-0031 宇治市広野町西裏99-14 パール第1ビル3F 自立労連気付「STOP!イラク派兵・京都 虹色の旗」係まで  
お問い合わせは… 0774−43−8721 (担当:はっとり)
送料はご負担願います。
代金と送料は、発送の際に、郵便振替用紙を同封しますので、郵便局からご入金下さい。
【呼びかけ:STOP!イラク派兵・京都】
代表:黒木順子・服部待 (守ろう憲法と平和 きょうとネット代表幹事)

※お急ぎの方は、いつまでに必要か必ずお知らせ下さい。3月20日までにお届けできない(製作が間にあわない)物もあるかもしれません。今製作中の物は完成品が納品されるまでは、確実なお届け期日がわかりませんので…。

(以上[chance-action:6317 ] 「転送」京都でも 虹の旗作っています!
     [aml 38234] 虹色の旗を掲げませんか? より)

  *=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

【平和の虹の旗 (ぴーすばた) 普及プロジェクト】でも配布しています。
詳細は http://truce-info.seesaa.net/article/72657.html
posted by hana at 10:38 | TrackBack(0) | ■PeaceStuff | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。